ベリーマッチとちぎ

先輩たちの暮らし

LIFESTYLE

変化を受け入れ、新たな試みも児珠大輔さん(44)/埼玉→栃木(Iターン)/IT企業勤務

取材日:2020年11月25日

下野市の街の中心から少し離れ、周りには田畑が広がる「天平の丘公園」。
この日、テレワーカーである児珠大輔さんとの待ち合わせ場所は、自宅でも、オフィスでもなく、この公園であった。
「移住してから始めたウォーキングが毎日の習慣で。この公園や田畑が広がる周辺のエリアがお気に入りのコースなんです」
9年前に下野市に移住し、現在はテレワーカーとして自宅で仕事をされている児珠さん。東京都品川区にあるIT企業で、社内のシステムに関わる仕事をしている。
新型コロナウイルス感染拡大により、2020年4月に緊急事態宣言が出される直前から完全にテレワークとなった児珠さんの、現在の仕事と暮らしについて話をうかがった。

img

▲笑顔で話す児珠さん

移住の決め手は通勤のしやすさだった

下野市へ移住するまでは、埼玉県狭山市から東京都品川区のオフィスまで約2時間かけて通勤する日々。
こまめな乗り換えが多く通勤ストレスを抱えていたことと、IT企業で働いているため「いずれはテレワークになるだろう」という思惑もあり、「家を建てるときは地方でも良いかもしれない」との想いは長年あった。
自身は埼玉県の生まれだが、両親の転勤で中学から大学卒業までは宇都宮市で過ごした。また、奥様の出身は栃木県。土地勘のある栃木県は、必然的に移住候補地のひとつだった。

移住先を決める上でのポイントは、「通える範囲であることと、通勤のしやすさ」。埼玉県内のターミナル駅や宇都宮線、高崎線沿線などを候補に挙げたが、最終的に選んだのは下野市。始点・終点にもなる「小金井駅」があることが最大の魅力であった。
「宇都宮線は“小金井止まり”という電車も多く、都内からでも下野市までであれば本数は結構多いです。」
移住により通勤ストレスが軽減されたものの、埼玉県から栃木県に移住したことで、同僚は「通勤、大変じゃないのか」と気にかけてくれるようになった。
「通勤時間で言えばそれほど大きな変化はないのですが、埼玉県から通勤していた時は乗り換えが多くて、まとまった時間が取れなかったんです。座れないことも多く、とにかく通勤が苦痛でした。下野市からは乗り換え無しで通勤できるので、読書したり、映画を観たり、睡眠が取れたり。時間を有効活用できるのが嬉しいですね」

img

▲グリーンバックを設置する児珠さん

テレワークで変化した、仕事環境とライフスタイル

下野市からの通勤は苦ではなかったと話す児珠さん。2020年3月末までは毎日オフィスへ出社する日々が続いていた。
しかし、東京都で緊急事態宣言が発令される直前に、状況は一変。完全にテレワーク生活となった。
「栃木から通勤していた自分に限った話ではなく、全社員がテレワークになりました。幸い、我が家には自室があったので、そのまま仕事部屋になりましたが、都内に住む同僚たちは部屋数が限られる人も多いので、家族との折り合いは大変そうですね」
そんな児珠さんにも、テレワークを機に買い足したアイテムが2つある。 情報漏洩を防ぐためのヘッドホン、そして背景用のグリーンバックだ。テレワーク当初は、毎朝グリーンバックをセットするところから仕事の準備が始まったという。

また、作業環境を整えるために、長年取り付けたいと思いつつ後回しになっていたキーボードスライダーをDIYで設置した。これにより、作業効率がアップ。
「もっと早く設置すればよかったのですが、毎日使うデスクではないのでなかなか重い腰が上がらなかったんですよね」と苦笑い。デスク周りの環境を整えられたことも、テレワークを機とした変化のひとつである。
そして、テレワークによってもたらされた生活面での変化も。

img

▲天平の丘公園をウォーキングする児珠さん

これまで1時間40~50分ほどかかっていた通勤時間を、そのままウォーキングの時間に充てたことだ。
下野市に移住して2年ほど経った頃から、生活習慣の改善としてウォーキングをはじめたが、当初はそれほど長い距離ではなかった。しかし、テレワークをきっかけに距離を伸ばし、今では毎朝8kmほど歩いているそう。
「毎日歩いていると、季節の変化を感じられるんですよ。夏は田んぼの稲が少し伸びたな、とか。秋だと葉が色づきはじめたな、とか。純粋に自然を楽しんでリフレッシュすることが多いですが、今日仕事でこなしたいタスクなど、始業前に頭の中を整理する時間でもあります」
歩くことは週末も欠かさない。お子さんも一緒に歩いてくれることは、週末だけのウォーキングの楽しみだからだ。

img

▲自宅で仕事をする児珠さん

テレワークで大切なのは同僚との信頼関係

朝6時に起床。ウォーキングと朝食を済ませ、8時50分には自室のデスクへ。正午に1時間の休憩をはさみ、18時~19時に仕事を終えるというのが現在のワークスタイル。
オフィスへ出勤していた頃と比較して一番大きな変化は、終業時間が2~3時間早まったことだ。
「自宅だと、自分でやらなければいけない作業に集中できるので、とても捗ります。会社だと、誰かに声をかけられると作業が中断してしまうので。一人で取り組む仕事が多い場合、テレワークは本当に良いなと感じています」

逆に、デメリットについては、「他の人と連携して取り組まねばならない仕事はスムーズにいかなくなった、と感じています。隣の席にいればちょっとしたことでもすぐ聞けたことが、できなくなった。あとで聞こうと思って、そのまま忘れてしまうことも。長期的プロジェクトだと、些細なことがあとで大きなトラブルにもなりかねないので、その点は気をつけなければと思っています」
完全にテレワークが始まった2020年3月末以降、同僚のサポートもあり2回しか出社していないという児珠さんだが、出社をした際に、やはり同僚と直接顔を合わせてコミュニケーションが取れる時間もいいな、と感じたという。
「贅沢なわがままかもしれませんが、本音を言うと、月に2~3回くらいは出社するスタイルが、自分には一番合っているかもしれません」とはにかむ。それも下野市からの通勤に苦痛がないからこそ思えるのだ、とも。

テレワークをうまく実践するための、児珠さん流のコツを聞くと、
「見られていない分、しっかり仕事して結果は出さないといけない。わからないことは誰かに聞いて、すぐに解決する。結局テレワークは”信頼関係”によって成立するものだと思うんです。一度でも相手を疑ってしまうと、関係がギクシャクしてしまう。そうなると、仕事もうまくいかなくなってしまいますから」

img

▲笑顔で仕事をする児珠さん

テレワークを通じて見つけた、自分の住むまちでやりたいこと

下野市で過ごす時間が増え「自分も何か地域に貢献できないか」と意識するようになったという。
まずは地域のイベントに参加してみようと、情報を探していた時に見つけたのが、下野市が開催していた「しもつけクエスト」だ。
関係人口の創出や、まちづくりに関わる人材の育成を目的としたもので、児珠さんはそこで市役所の職員、市内で活動する若手プレイヤーなど、多くの出会いを得た。

「やりたいことは、どんどん発信しないとできないよ!」。イベントのプレゼンターが発したこの言葉が、児珠さんの背中を押した。
「自分には、仕事を活かしたパソコンのスキルがある。例えば子どもたちにスマホの使い方を教えたり、おじいちゃん・おばあちゃんが遠方に住む孫とテレビ電話ができるようにサポートしたり、地域の為にできることはあるんじゃないかと思っています。今後は、そういった自分のスキルを発信し、まちに貢献できる人になりたいですね」と力強く語った。
テレワークを通じて、またこのまちに新たなプレイヤーが現れようとしている。そう感じた瞬間であった。

Profile 児珠大輔さん

img

埼玉県出身。2011年4月、埼玉県狭山市より家族4人で下野市に移住。新卒で都内のIT企業に就職し、移住後も東京通勤の日々を送る。2020年3月末より、テレワークに。自宅の自室を仕事場とし、終日PCに向かう。テレワークにより「料理なんてほとんどしませんでしたが、昼食を自分で作ることも増えました」と語る。仕事中の気分転換として、家に少しだけ甘いものをストックすること、またコーヒーを自分でドリップして飲むことで、再びスイッチが入るそう。毎日のルーティンは移住後に始めた朝のウォーキング。長年、体重に変化は見られなかったが、最近やっと落ちてきたことで更にモチベーションを高めている。

移住についての詳しい情報はこちら

栃木県移住・定住促進サイト「 ベリーマッチとちぎ 」栃木県 総合政策部 地域振興課
☎ 028-623-2236 〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階