【コウノトリのひな誕生!!!!】渡良瀬遊水地でエコ・アグリツアーなどの企画運営をしてみませんか!?

【コウノトリのひな誕生!!!!】渡良瀬遊水地でエコ・アグリツアーなどの企画運営をしてみませんか!?

小山市は、2012年にラムサール条約湿地に登録された「渡良瀬遊水地」をはじめとする豊かな自然環境と、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録された「本場結城紬」や、2019年3月に国の重要無形民俗文化財に指定された「間々田のじゃがまいた」をはじめとする古い「歴史と文化」を有するとともに、東京圏からわずか60kmの鉄道・国道ともに交差する交通の要衝であり、県内第2位の人口を誇る、栃木県の南都として発展を続けております。

 また、地域の活性化と交流人口の増加を目指し、平成28年度より地域おこし協力隊制度を導入し、地域おこし協力隊3名を採用しております。

 この度、内閣府の「地方創生拠点整備交付金」を活用した「渡良瀬遊水地拠点施設」が令和2年4月上旬に仮オープンいたします。この拠点を利用したエコ・アグリツアーの企画運営や、拠点施設を使ったイベントを実施するにあたり、首都圏に在住の方でイベント企画等の経験や興味のある人を地域おこし協力隊として採用し、体制づくりを行うため「渡良瀬遊水地拠点施設を活用したエコアグリツーリズム事業」に関する地域おこし協力隊1名を募集いたします。

業務内容
渡良瀬遊水地拠点施設を活用したエコアグリツーリズム事業
① エコツアーの企画・営業(観光PR)業務
② エコツアー実施の調整業務
③ 拠点施設を活用した情報発信
④ 拠点施設の管理運営(一部)
⑤ 拠点施設におけるイベント企画、商品開発
⑥ 上記①~⑤に係るウェブサイト、SNS等を活用した情報発信
応募資格
次の(1)~(8)のすべてを満たす方。
(1)令和2(2020)年4月1日現在、年齢が20歳以上概ね50歳以下の方
(2)次に掲げる要件のいずれかを満たし、小山市地域おこし協力隊として任用後、生活の拠点を本市に移し、本市の住民基本台帳に記録されることができる方
① 3大都市圏をはじめとする都市地域等に居住されている方
② 本市以外において、地域おこし協力隊員として同一地域での活動経験が2年以上あり、かつ、その職を退いてから1年以内の方(ただし任用を受ける前に本市に住民登録をされている方を除く)
※地域要件の詳細については、総務省「地域おこし協力隊」のウェブページに掲載されている「特別交付税措置に係る地域要件確認表」をご確認ください。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000334521.pdf
(3)普通自動車運転免許証を取得している方(ペーパードライバー不可)
(4)パソコン操作(ワード、エクセル等での必要書類の作成、SNS(facebook等) による情報発信等)のできる方
(5)心身ともに健康で、住民と協力しながら意欲と情熱を持って活動に取り組み、地域行事等にも積極的に参加できる方
(6)地域の特性や風習などを尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図ることのできる方
(7)地域おこし協力隊としての活動期間終了後も、小山市に定住し、就業・起業しようとする意欲を持つ方
(8)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
募集人数
1
任用期間
(1)身分
地方公務員法第22条の2第1項(令和2(2020)年4月以降)に規定する会計年度任用職員として、「小山市地域おこし協力隊設置規則」に基づき、市長が任用します。身分は地方公務員となるため、地方公務員法等の服務規程が適用されます。
(2)任用期間
任用の日から令和3(2021)年3月31 日まで
活動状況・実績等を勘案し、最長3年まで延長します。ただし、協力隊員として相応しくないと判断した場合は、任用期間中であっても任用を取り消すことができるものとします。
勤務場所
渡良瀬遊水地拠点施設「コウノトリ交流館」
勤務時間
雇用関係の有無
あり
給与・賃金等
月額 173,600円
(ここから社会保険料等の本人負担分が控除されます。)
期末手当(6月・12月)
年額 2,376,584円
※勤務年数に応じて昇給あり
待遇・福利厚生
(1)隊員の住居に関し補助制度があります。(上限6万円/月)また、入居時の仲介手数料等に関しても補助制度があります。(上限9万円/隊員1名につき1回のみ)
食費、光熱水費、通信費、自治会費等は隊員の負担となります。
(2)活動に使用する車両、物品(携帯・パソコン)等は、市が貸与します。その他活動に必要となる経費は、活動内容に応じ、予算の範囲内で市が支給します。
   ※活動に使用する車両は、業務外で使用することはできません。日常生活の移動手段として、自家用車の持ち込みをお勧めします。
(3)転入等にかかる本市までの交通費、引越しに必要な費用は、隊員の負担となります。
(4)社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)に加入します。活動中の怪我などには公務災害補償が適用されます。
(5)有給休暇等は、小山市会計年度任用職員の勤務時間、休日及び休暇に関する規則(令和2(2020)年4月から)に基づき付与します。1年目で最大10日付与予定(任用開始日から6ヵ月経過後)です。
募集期間
-
審査方法
(1)応募手続
応募用紙(市ホームページ(下記参考URL)からダウンロード)に必要事項を記入し、住民票の抄本を添付のうえ、下記応募先に郵送または持参してください。
  ※持参の場合は、土日祝を除く午前8時30分~午後5時15分まで。
  ※提出された書類は返却しません。
【応募先】
 〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1 小山市役所 総合政策課 
 TEL 0285-22-9218 FAX 0285-22-8972
  E-mail : d-kikaku@city.oyama.tochigi.jp 
(2)第一次選考 一次選考は提出書類による審査となります。合否の結果を郵便で通知します。

(3)第二次選考 面接地域おこし協力隊としての適性、対人関係能力、使命感、社会性、表現力等人物について個別面接を行います。
  ①第二次選考は、第一次選考の合格者に対して行います。
  ②第二次選考会場までの交通費等は応募者の負担とします。
(4)任用年月日
合格者と調整のうえで期日を決定します。
備考
小山市を知りたい・見たい・感じたい方、連絡頂ければご案内させていただきます♪
問い合わせ先
小山市総合政策課 松沼・森泉
〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1
TEL: 0285-22-9218 FAX: 0285-22-8972
HP URL
http://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/3/222376.html

栃木県移住・定住促進サイト「 ベリーマッチとちぎ 」栃木県 総合政策部 地域振興課
☎ 028-623-2236 〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

TOP