暮らす人々

とちぎには多様な暮らし方がある―それを実践する皆さんの活動や想いをご紹介します。

美容×福祉の可能性を私らしく追求したい

下野市地域おこし協力隊
活動期間:2019年4月〜2022年3月
大坪 亜紀子(おおつぼ あきこ)さん

東京と栃木の人がつながるハブのような場所を

燻製レストラン&バー SMOKEMAN 大倉 礼生さん

考えるより行動。動いていたら、やりたいことが見つかった

日光市地域おこし協力隊 栗山地域
活動期間:2016年4月〜2023年3月
(日光市独自の活動期間2年延長制度(※)+育休2回取得)※現在、延長制度は廃止。
疋野 みふ(ひきのみふ)さん

住む人が誇りに思えるような地域づくりを

栃木市地域おこし協力隊
活動期間:2021年6月〜2024年5月予定
國府谷 純輝(こうや じゅんき)さん

小さな幸せが日常の中に

春山良子さん

家づくりを通じて、豊かな「地縁」を紡ぎたい

山十設計社 髙山 毅さん

大人も子どもも“やりたいこと”が広がる暮らし

冨永美和さん

鹿沼の人や自然、文化に魅了されて

武藤小百合さん

日常にワクワクを!

Philharmony Wedding 王生雄貴さん

日々を豊かにする器を

陶芸家 茨木伸恵さん

ほっと、リセットできる場所に

Waffle Coffee 店主 関 恒介さん

体当たり取材で感じた、まちなかの魅力を紙面に込めて。

下野新聞社 記者 多里(たり)まりなさん

ふらっと、深い出会いを

街音 matinee 豊田彩乃さん

就職と同時に鹿沼へ。決め手は人の温かさ

小出拓也さん

ここ宇都宮を“着物のまち”に

きものHAUS 荻原貴則さん

点と点がつながって、大きな輪に

TEN to MARU 渡辺直美さん

おいしくて楽しい! この街の名物

ドラヤキワダヤ 染谷 典さん

多くの人の日々に、寄り添うパンを

日々舎 池田絵美さん

農家の右腕という新たな働き方

阿部梨園 佐川友彦さん

日々を丁寧に、栃木暮らしを満喫中!

小栗恵子さん

栃木県移住・定住促進サイト「 ベリーマッチとちぎ 」栃木県 総合政策部 地域振興課
☎ 028-623-2236 〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館8階

TOP