このイベントは終了しました

暮らしとしごとをめぐる旅って?

テーマは「とちぎの日常」を感じること。

実際にどんな人が、どんなしごとをして暮らしているのか。

とちぎには暮らしとしごとが重なりあった、しなやかな営みを続けている人たちがいます。

あなたに会わせたいとちぎの人、あなたに教えたいとちぎの暮らしとしごと。
この旅では、ローカルにあるそんな新しいライフスタイルに出会いにいきます。
気軽にとちぎローカルの魅力を体感できるリトルトリップです。
https://www.hajimari-local.jp/event/16short2/

 

あなたに会わせたいひとがいます

栃木県北東部、茨城県との境に連なる自然豊かな八溝山麓。
そこには自然に寄り添い、有機農業、ゲストハウス運営など、地域に彩りを加えながら、豊かに暮らすひとたちがいます。
彼らとの出会いを通して、「つくる」「つかう」「つたえる」がある暮らしとしごとに触れる旅です。

 

ツアー概要

<実施日>
2017/1/21(土)11:00 ~ 1/22(日)16:00

<旅の流れ>
※内容は変更の可能性あり
【1日目】
11:00 J R 宇都宮駅 集合→ バス乗車
12:30 昼食
13:30 金子さんの野菜畑訪問
・暮らしやシゴトのお話を聞き、畑で収穫体験などを予定
16:00 那須ゲストハウスD O O R z にて交流会・宿泊
・DOORzご夫妻による「ゲストハウスが出来るまでとこれから」のお話
・近隣にUIターンして活躍する若者達との交流会
・希望者は近くの芦野温泉へGO!
※夕食は、黒磯の新店舗も大人気の「おいしい薬膳 白牡丹」さんがケータリングを用意してくれます!

【2日目】
小鮒農園訪問
・野菜の収穫
・野菜料理研究家でもある小鮒さんと一緒に料理ワークショップ
(野菜生産の現場を見た後に、みんなでつくってみんなで食べましょう!)

16:30 J R 宇都宮駅 解散

※詳細は順次アップしていきます。

<プログラム参加費>
無料(別途、集合場所までの交通費、食事費用・宿泊費など)

※参考費用
宿泊費用(1泊2食) 6000円程度
昼食費 計2~3000円程度

<定員>
10名程度(先着順)

<宿泊先>
那須ゲストハウスDOORz

 

会いに行くひとたち

那須ゲストハウスDOORZ

築5 0 年の古民家をたくさんの仲間と一緒に改装し、2 0 1 3 年の秋、芦野の里にオープン。芦野は、古くから人々が米や野菜を育て、自然と共にていねいな暮らしを紡いできたところ。観光地のような華やかさはありませんが、D O O R z はあなたが週末を過ごす家として、ゆったりと芦野時間で暮らす旅をお手伝いしていきます。
http://www.ghdoorz.com/

田中 麻美さん
薬剤師として愛知県で病院勤務を経験後、東日本大震災を機に両親の住む那須へ。ニューヨークへの1 人旅をきっかけにゲストハウス開業を志す。2 0 1 3 年1 1 月、芦野の築5 0 年の古民家を仲間と一緒に改修し、D O O R z をオープン。

佐藤 達夫さん
W e b 制作を専門として、写真・映像編集からチラシ、ポスター、看板、農作業まで、さまざまなクリエイティブワークをこなす一家に一台あると得する便利屋さん。基本的になまっているが、それはみんなに合わせていると豪語している。

田中さんの暮らしぶりは「Furusato」のこちらの記事もチェック!
『家族と一緒に叶えた夢。人の温かい地域でゲストハウスをオープン』
〜那須ゲストハウスDOORzオーナー 田中 麻美さん
http://www.furusato-web.jp/iju/tochigi-nasumachi

金子君の野菜畑

2010年に那須で畑を始めました。少量多品種栽培なので、野菜に手間暇をかけながら、野菜本来の味わいを大切にしています。全ての野菜を種を蒔くところから始めています。無農薬・無化学肥料・除草剤不使用で、種も農薬を使用していないものを使っています。
https://www.facebook.com/kaneko.yasai/

金子 洋次さん
埼玉県出身。東京でのアパレル販売の仕事を経て、2010年2月に那須町へ移住。「とちぎ農業未来塾」で1年間農業を学び、2012年4月に就農を果たす。無農薬・無化学肥料で西洋野菜や季節の野菜など、年間約80品目を栽培。「道の駅 伊王野」にある食事処で週1回ほど、そば打ちも手がける。伊王野地区の消防団にも参加。

金子公乃さん
神奈川県出身。東京でスタイリストとして活動していたが、自然が身近なところで暮らしたいと考えるようになり、洋次さんと那須町に移住。子育てをしながら、農園では主に収穫を担当している。

金子さんの暮らしぶりは「ベリーマッチとちぎ」のこちらの記事をチェック!
『農業は、“最高に楽しい接客業”』
〜金子くんの野菜畑 金子洋次さん、公乃さん(那須町)
http://www.tochigi-iju.jp/2129

mg_00341

小鮒農園

栃木県那珂川町(旧馬頭町)にて夫婦ふたりではじめた小さな農園です。定番野菜をはじめ西洋野菜やハーブを農薬化学肥料を使わずに栽培、全ての先人の農家農法に敬意を払いつつ、「里山の地域資源を活かし、 循環する農業」を目指しています。
http://kobuna-farm.com/

小鮒 拓丸さん 農園長
福島県郡山市生まれ。人材派遣会社の営業やアパレル業を経て、子どものころから興味のあった動植物にかかわる仕事がしたいと、農業の道へ。千葉県の「FARM CAMPUS」で4年半にわたり農業を学んだのち、2015年、那珂川町で新規就農を果たす。

小鮒千文さん 料理担当
野菜料理研究家。東京生まれ、3歳のころ郡山へ。大きな病気をしたことをきっかけに「食」に興味を持ち、マクロビオティックや薬膳を学校で学ぶ。FARM CAMPUSでは、「のうそんカフェnora」を運営。現在は、地域おこし協力隊として、那珂川町の特産品をいかした6次産業化などに携わる。

小鮒さんの暮らしぶりは、「ベリーマッチとちぎ」のこちらをチェック!
『“農”と“食”を通じて、地域を元気に』
〜小鮒農園 小鮒拓丸さん、千文さん(那珂川町)
http://www.tochigi-iju.jp/1198

mg_8596

お申込み

『はじまりのローカル コンパス』専用サイトの申込フォームにより、お申し込みください。
https://www.hajimari-local.jp/event/16short2/

<参加対象/条件>
・概ね40歳以下の若者
・地方での暮らしや地方との関わりに興味/関心のある方
・栃木県外在住者

<お問い合わせ>
はじまりのローカル コンパス事務局(hello@hajimari-local.jp)まで、お気軽にメールください。

主催:栃木県
運営:NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク