人との繋がりがきっかけで、栃木への想いが強くなった

—まずは遠藤さんと栃木の関わりについて教えてください。

出身は栃木県の日光市です。日光市は全国で3番目に広い市ですが、その中でも旧日光と呼ばれる、日光東照宮などが近いエリアが私の出身地です。大学進学を機に上京しまして、東京暮らしを15年ほど続けています。

—とちぎ暮らし・しごと支援センターで働き始めたきっかけは何でしょうか?

大学卒業後は東京で就職し、当時は栃木に関わる仕事をしようとか、いずれ栃木に戻ろうといったことは特に考えていませんでした。ですが、仕事の関係でたまたま栃木県庁の方と知り合う機会があり、その方のつながりで、首都圏に暮らす栃木県出身者・栃木に興味のある人との関わりができ、栃木ゆかりのイベントを企画し、東京で開催するようになりました。活動をはじめた当初は会社員で、あくまでプライベートで行っていることでしたが、イベント回数を重ねるうちに「もっと多くの人に栃木県の良さを知ってほしい、栃木県と県外の方との橋渡しをしたい」という思いが強くなってきたんです。そんな頃「とちぎ暮らし・しごと支援センター」を開設するという話を聞いて、相談員に応募しました。

DSC_3364_2

—栃木に関するイベントとは、どのような内容でしょうか?

東京に住んでいると、栃木の情報を得る機会がほとんどないので、多くの方に興味を持ってもらえそうな、楽しく、発見のある企画を心がけています。
栃木で興味深い活動をされている方をゲストに呼んで取り組みを紹介してもらったり、栃木ゆかりのお店で栃木の食材や地域を学ぶワークショップをしながら食事をしたり。毎回企画内容は異なります。

12255601_10207612160532648_1226023299_o

思い入れのある企画としては、中にはGBQ(G:ギョウザ B:バーベ Q:キュー)という企画があります。
栃木の人たちは本当に餃子が大好きなんですよ(笑)。野外でひたすら餃子を焼いて食べるというイベントなんですが、栃木に興味があって餃子がお好きな方であれば、栃木のご出身でなくても参加できますよ。

GBQ写真

ニア東京にありながら環境の良い栃木の魅力を知ってほしい

—相談にはどのような方がいらっしゃるのでしょうか?

ほぼ毎日、何かしらのお問い合わせをいただいていますが、栃木県以外の出身の方からの、Iターン希望のご相談が多いですね。世代的には20~40代くらいの方が多く、相談の内容としては就職のことや住まいのこと、子育て環境などが中心です。

DSC_1515

栃木へのIターンを希望している人の傾向として、「ニア東京のエリアで、落ち着いた環境を探したい」という思いがあるようです。もっと落ち着いた環境に住みたいけれど、何かあったときには何かと便利な東京へすぐ出られるという利便性を求められているようですし、実際に栃木県はそれに応えられるエリアでもあります。平野から山、川など自然も豊かですし、住環境も整っている。海以外のニーズであればほぼ満たせると思います(笑)。

—遠藤さんからの主なアドバイスはどのようなものでしょうか?

仕事に関しては栃木県内の主な業種・産業のご紹介や、栃木県内の仕事を探せるハローワークなど各種サービスのご案内、キャリアカウンセラーのご紹介などが中心です。住まいについては空き家バンクのご紹介のほか、移住おためし住宅のご紹介も行っていますので、最初から100%で移住するのではなく「いったん、実際に生活してみる」といったライトなところから移住を検討するのもおすすめです。

DSC_3365_2

最近の傾向としては「子育てを地方でしたい」と考えていらっしゃる方が多いのですが、一方で、都心での仕事を続けたいとのニーズもあり、その現実的な解決策として栃木県内から都内へ通勤しやすいエリアをご紹介することが増えてきました。今後は、栃木を東京を行ったり来たりするような2拠点生活を希望される方も増えていくでしょうし、新幹線を利用して1時間ほどで東京へ出られるので、そういったニーズにも柔軟に対応することが可能です。

移住希望者と栃木のご縁を繋いでいきたい

—とちぎ暮らし・しごと支援センターを有効に活用するためのポイントはありますか?

私自身もいつかはまた栃木で暮らしたいと考えています。まだ具体的なタイミングは決めていませんが、私自身が東京で暮らしながら「戻るならどこがいいかな?」と、「移住希望者」の視点で日々情報を集めていますので、ご相談者のニーズに寄り添った立場からの情報提供ができているのではないかと思います。

DSC_3384_2

加えて、今も個人としても、栃木に関するイベントに関わっていることもあり、栃木県内のさまざまな所に繋がりが出来てきました。なので、単に情報をご案内するだけではなく、相談者のご要望に応じて、県内の組織やキーマンにお繋ぎすることも可能です。移住を検討する中で「まずは現地に行ってみる」のは大事なポイントですが、まったく縁のない土地に行くのは何かとハードルが高いもの。その間を私が繋ぎ、縁を作ることでハードルが下げられるようでしたら、ぜひ積極的に利用していただけたらと思います。

幅広いニーズに応えられる懐の広さが栃木の魅力

—最後に、栃木暮らしの魅力を教えてください。

栃木に縁のない方からすれば、栃木県について観光のイメージはあっても生活のイメージは持ちづらいと思います。そんな栃木での暮らしを一言で表すなら、「地方暮らしのいいとこ取り」ができること。中心地であれば生活に申し分ないインフラが整っており、電車で都内へも行きやすい。郊外へ行けば自然も豊かですし、農村エリアも多いので就農を希望する方にもおすすめです。

さまざまな方の幅広いニーズに応えられるのが栃木の魅力ですので、ご興味のある方はぜひ気軽にとちぎ暮らし・しごと支援センターにお越しください!

DSC_3360_2